合宿免許の環境について

合宿免許の環境について

「合宿免許で取った免許は使いものにならない」と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

今は合宿免許が普及したので、この話を耳にすることは少なくなったかもしれませんが、私が20代の頃は、まだ言われていたように記憶しています。

この理由は、合宿免許の環境にあるように思います。

私の友人は合宿免許で免許を取得しましたが、驚くのは道路状況。

免許を取得するときは路上教習が行われますが、路上教習で体験した信号は、たったの2つだったと友人は言っていました。

友人は、とある島で合宿免許を取得したのですが、とってものどかで交通量が少なく、信号機も大変少なかったようです。

ですから路上教習は順調に進むのですが、問題は免許取得後。

混雑した道路を運転するのは、とっても怖かったといいます。

また、車線変更を体験することもなく免許が取得できたので、4車線の道路を走るときも、とっても困ったのだとか。

しかし、現在は、とってもスイスイと乗っています。

混雑する困難な首都高もなんのその。

運転は、経験がものをいうようです。

また、現在は合宿免許が全国のあちこちで行われています。

昔とは異なり、かなり実情に沿った教習が行われているのではないでしょうか。